周期あたり約5日間の妊娠可能期間を検知

Avaで妊娠のチャンスを2倍に

“1周期あたり妊娠可能な期間は6日程度です。
Avaはそのうちの5日間を特定できることが臨床的に証明されています。”

妊娠可能期間の後半1~2日を検知するLH検査(排卵検査)と比べ、Avaならパートナーと余裕をもった妊活が行えます。

妊娠可能日を特定

妊娠のチャンスが2倍に

「妊娠の窓」(妊娠可能期間)にタイミングを合わせることで、その月の妊娠の確率が倍になります。

Avaを購入する

リアルタイムで「妊娠の窓」を検知

事後に排卵がわかる基礎体温法とは異なり、Avaはリアルタイムで「妊娠の窓」(妊娠可能期間)の開始を検知することができます。

使い方は簡単

Avaがあれば、毎朝同じ時間に基礎体温を測ったり、毎月何本もの排卵検査薬を使う必要がなくなります。

就寝前にブレスレットを装着し、朝起きてデータをアプリと同期するだけで排卵周期をリアルタイムで把握できます。

体温・睡眠の質・ストレス量・安静時脈拍数を測定

Avaは妊娠の窓(妊娠可能日)の検知に加え、睡眠、生理的ストレス、安静時脈拍数を測定し、毎日の健康状態を総合的に知ることができます。

Avaの測定項目について

皮膚温

手首の皮膚温。

皮膚温はAvaが妊娠可能な期間を特定するために使用する指標の一つです。皮膚温は排卵後に約0.5度上昇し、次の生理が始まるまで上昇した状態が続きます。妊娠した場合も、皮膚温は高い状態が続きます。婦人体温計などで基礎体温を測ったことがある方は、Avaの測定値が少し低いことに気付くでしょう。皮膚温は口の中の温度より低いものの、どちらも周期を通して2相性のパターンを示すことがわかっています。

婦人体温計などで基礎体温を測ったことがある方は、Avaの測定値が通常よりも数度低いことに気付くでしょう。皮膚温が体温より低いのは普通で、個人差も多い特徴があります。

室内温度64.5~77℉で測定した場合の平均的な皮膚温は、90.5~98.2℉です。

摂氏:

室内温度18~25℃で測定した場合の平均的な皮膚温は、摂氏32.5~36.8度です。

安静時脈拍

安静時における1分あたりの心拍数。

卵胞期の安静時脈拍数は黄体期に比べて低い傾向にあることが文献により分かっています。また、当社の臨床研究パートナーであるチューリッヒ大学病院の研究では、安静時の脈拍数は「妊娠の窓」のはじまりに毎分約2.1回上昇することが明らかになっています。

妊娠中は、安静時の脈拍が高い状態が続く傾向にあります。

一般的な安静時脈拍数は1分あたり40~80回といわれており、身体機能が非常に活発な方の場合は40回を下回ることもあります。また、ストレスや病気、アルコール摂取によって一時的に高くなることがあります。

呼吸数

1分あたりの呼吸数。

呼吸数は卵胞期よりも黄体期により高くなることが科学文献により分かっています。呼吸数は活動により1日の中で大きく変化しますが、睡眠時の一般的な呼吸数はより安定しており、毎分10~25回となっています。

HRV (心拍変動) 率

HRV (心拍変動) 率が低いほど、生理的ストレスが低いことを意味します。

HRV (心拍変動) は、拍動が生じてから次の拍動が生じるまでの時間間隔の変化を表します。これは生理的ストレスの指標として使うことができます。間隔の変化が多い高心拍変動は(高HRV)、回復力が強く、ストレスが少ないことを意味します。Avaは、心拍数の低周波と高周波の比率を測定します。Avaはこの比率を使ってHRVを測定するため、数値が低いほどストレスが少ないことを意味します。

HRV (心拍変動) 率は人によって大きく異なりますが、ご自分の基準値からの増減を観察ことで、生理的ストレスの度合いを確認することができます。

かん流

血液を体の組織に供給するプロセス。

毛細血管を流れる血液には細胞組織に栄養を届け、不要物を流し出す役割があります。血液は心臓に戻り、もう一度同じプロセスを繰り返します。

指に輪ゴムを巻いて血が止まってしまった経験がある方は、実はすでにかん流についてご存じかもしれません。かん流は、体温調整や生理周期の過程で自然に変化しています。生理周期においては、妊娠可能期間に高くなり、黄体期に低い傾向にあります。

身体の動き

加速度計で身体の動きを測定します。

身体の動き(加速度)から、浅い眠りと熟睡+レム睡眠を区別します。

生体インピーダンス

生体インピーダンスとは体内に微量の電流を流し、その電気的インピーダンスを利用して身体の情報を求める方法です。

生体インピーダンスは、体内の水分量や発汗量といった皮膚に関する情報を表す指標です。ご存じかもしれませんが、肌のコンディションはホルモンの変動と密接に関係しています。生理周期や思春期、妊娠中に肌質が変わることが知られています。

睡眠

合計の睡眠時間および、浅い眠りと (レム睡眠+深い眠り) の割合

睡眠の質と量は、妊活中の女性にとって大切な指標の一つです。睡眠は生理周期の影響を受け、周期自体が睡眠に左右されることもあります。

Avaは、毎晩の睡眠量を記録します。浅い眠りと、深い眠り+レム睡眠の割合を特定します。深い眠りは、翌朝に体が休息したと感じるために重要です。一方、レム睡眠は学習や記憶の整理にとって重要です。

成人の平均的な眠りの割合は、浅い眠りが50~65%に対して、深い眠り+レム睡眠が35~50%といわれています。

データ品質

Avaが正確に動作するには毎晩、少なくとも4時間装着し、3時間の睡眠が必要です。

Avaは、体が完全に休息している状態に発生する生理的変化を測定します。これらのパラメータが安定し、Avaが正確な測定を行うには最低4時間かかります。Avaが4時間未満のデータを記録した場合、その夜のデータは妊娠可能期間の検知には使用されません。

Avaを4時間以上装着していても「不十分なデータ品質」と表示される場合、夜間にバッテリが消耗したかセンサーが肌と接触していなかったことを意味します。Avaを装着する際、しっかりと充電されていることをご確認ください。充電状態は、ブレスレットの上部の緑の照明で分かります。

今すぐ実感してください。

周期の把握や健康管理にAvaを活用しましょう。睡眠やストレス、脈拍といったデータの測定だけでなく、一つのデバイスで毎月の妊娠可能日を検知したり、妊娠中の健康管理まで行えるのはAvaだけです。

Avaを購入する